0系新幹線22-7007(KATO京都駅店企画製品)

TEC22-7007Side.jpg

製造:(株)関水金属

吹田市商品化許可済

最後に「ひかり」として走った0系新幹線を

Nゲージ鉄道模型でお手元に

(現在は吹田市立健都ライブラリー内にて大切に保存されています。)

品番 4091-9
価格 ¥3,300(税込)
 5月21日発売 
好評発売中

0系新幹線は東海道新幹線が昭和39年(1964)に開業して以来、

マイナーチェンジが図られ昭和61年(1986)まで増備が

続けられました。昭和56年(1981)以降の新製車は最終バージョンと

なる2000番台となり、計309両が製造されました。
2000番台は側面客窓が小形化された1000番台をベースにシート

ピッチが拡大されたグループで、JR移行後も全車がJR東海/JR西日本に

承継され、最後の0系として活躍し、平成20年(2008)に引退しました。
22形7007号車は、昭和60年(1985年)に日本車輛で22形2022号車として

製造されました。JR化後にアコモデーション改造を受け22形7036号車、

のちに22形7007号車へと車番変更が行われました。

山陽新幹線での0系最終運用まで活躍し、平成21年(2009)に廃車

されました。引退後はJR西日本から吹田市へ譲渡され、現在は

吹田市立健都ライブラリー内にて保存・展示されています。

●0系7000番台新幹線「22-7007」
・吹田市立健都ライブラリーで展示されている姿を再現。
・東海道山陽新幹線で活躍した“団子鼻”が特徴的な0系の特徴を再現。
・ヘッド・テールライトはLEDにて点灯。左右の各ライト内部も・上下2灯で点灯する姿を新たに再現。
・ディスクブレーキを表現した車輪を採用。
・車番、号車札、JRマークなどは印刷で再現。

※パンタグラフカバーの有無や車内の表現など、実車とは一部形状が異なります。

(KATO製0系2000番台新幹線「ひかり・こだま」 8両基本セット 品番10-1700内に含まれる22形先頭車両の金型を利用し、車番等を変更した製品となります。)

☆商品お取り扱い店舗

🚅0系新幹線「22-7007」は、KATO京都駅店の他、

エキスポシティにございます 吹田市情報発信プラザ Inforest すいた様 でもお取り扱い中です。

 

Type0_Kento.JPG