C11 155 ゼブラ塗装

ゼブラ塗装が装飾されたC11 155号機を再現。

C11 355号機との重連にも!

KATO京都駅店特製品

 価格¥22,000

 好評発売中 

・区名札入れには「垣」を印刷済。

・青色の「C11 155」のナンバープレート取付済。

​・前面煙室扉・端梁・デフレクタ前端・スノープロウ・炭庫にゼブラ塗装を表現。

・側面ランボードに白ラインを表現。

・デフレクターには点検口の縁取りを表現(※点検口は開いておりません)。

・後部にはアーノルドカプラー標準装備。

・交換用ナックルカプラー、重連用カプラー、重連用ナックルカプラー付属。

​・単品ケース入り。(ペーパーインサートは専用デザイン)

当製品は、KATO製C11をベースに、加工を行った特製品です

○実車について​

C11 155は、昭和15年(1940年)に汽車製造会社にて製造番号No.1920として落成し、名古屋管内に 配置後、

昭和24年(1949年)からは大垣機関区(のちの大垣電車区)で活躍を始めました。

樽見線で活躍したC11にはゼブラ塗装が施され、セメント輸送列車を中心とした貨物・旅客輸送、

および構内入換運転に使用され、営業運転時は重連で運用される姿が多く見られました。

昭和47年(1972年)に樽見線SLさよなら列車をC11 155 + C11 355の重連で牽引し、フィナーレを 飾りました。

現在は大垣市内にて大切に保存されています。

​※当特製品は、KATO製 C11(品番:2021)をベースに、加工を施しています。

※模型は一部表現が実車と異なります。​​

​※写真は試作品です。特製品の仕様は予告なく変更する場合がございます。

​(購入はお一人様1台まで)

​KATO京都駅店

〒 600 - 8216

京都府京都市下京区烏丸通り塩小路下る東塩小路町901

京都駅ビル9F (ジェイアール京都伊勢丹9F隣接)

・ 営業時間    10:00 ~ 19:00 (平日・土日祝とも)

・ 年中無休 (年末/年始・臨時休業を除く)

・ TEL : 075-744-1374 FAX:075-744-1377