KATO京都駅店特製品

鹿島臨海鉄道 KRD形5号機タイプ

価格  12,100円(税込)   完売  

鹿島臨海鉄道株式会社許諾済

鹿島臨海鉄道 KRD形5号機は、国鉄のDD13形に準じた自社発注の56t級ディーゼル機関車で、1979年(昭和54年)に成田空港への
燃料輸送へ対応するために製造されました。

現在もコンテナ列車の牽引などに活躍している当機は、後継のKRD64形が青色を基調とした塗色となっているのに対し、国鉄色に準じた塗装で、エンドビームにゼブラ塗装が入っているのが特徴となっています。

当特製品では、KATOのDD13 後期形(品番 7014-1)をベースに加工を行い、エンドビームのゼブラ塗装や国鉄色のDD13とは異なる色味の赤色、鹿島臨海鉄道の社紋とともに、運転席の車体下部に入る「鹿島臨海鉄道」の文字などを忠実に再現しております。

​※実車とは台車の形状などが異なるタイプ製品となります。(KATO製 DD13 後期形:品番7014-1をベースに加工しています)​​

前後の端梁部分には視認性向上の為、

警戒帯の塗装が施されています。

模型ではこの​警戒帯をリアルかつ

的確に再現いたしました。

側面の中央にはKRD5のナンバーと

鹿島臨海鉄道の社章、デッキ部分には

​鹿島臨海鉄道の文字を表現しています。

KATOから発売中のDD13 後期形(7014-1)と並べてみました。

ボディの色は、DD13の朱色とは異なる赤色で表現しています。

鹿島臨海鉄道KRD形5号機

DD13 後期形

鹿島臨海鉄道

KRD形5号機

​徹底解剖

主にコキ100系列の貨物列車を

牽引しています。過去にはタンク

貨車や415系等の電車、気動車

などの牽引を行った事もあります。

  • Facebook Social Icon