D51 91 デフ無し 吹田第一機関区

KATO京都駅店特製品

D51 91-2.jpg

デフ(除煙板)を撤去し

入換に活躍する姿を再現

前面の手すりが特徴

・区名札入れには「吹一」を印刷済。

「D51 91」のナンバープレート取付済。

​・デフレクタが取り外され、手すりが取り付けられた姿を再現

​・煙室扉ハンドルは金色・十字形のものを再現。

・側面ランボードに白ラインを表現。

・前面端梁の標識灯を再現。

・後部にはアーノルドカプラー標準装備。

・交換用ナックルカプラー、重連用カプラー、重連用ナックルカプラー付属

​・単品ケース入り。(ペーパーインサートは専用デザイン)

当製品は、KATO製D51をベースに、加工を行った特製品です

​​※テンダーライト点灯加工品あh

○実車について

D5191 は昭和13年(1938年) に汽車製造会社での製造No.1560 として落成、浜松機関区に
配属されました。中央本線エリアや大宮機関区、田端機関区など、関東エリアで使用された後、
昭和40年(1965年)に吹田第一機関区に転属しました。入換運転の際、作業員の安全確保の為、
デフレクターを取り外し、前面に手すりが増設されました。操車場の活躍だけに留まらず、
城東貨物線で貨物列車を牽引する姿も見られました。入換機としての運用を後進のディーゼル
機関車に譲った後、亀山機関区、竜華機関区へと転属し、昭和45年(1970年)に廃車されました。

※当特製品は、KATO製 D51一次形(東北仕様)(品番:2018-1)をベースに、

 加工を施した製品です。

※模型は一部表現が実車と異なります。​​

​※写真は試作品です。特製品の仕様は予告なく変更する場合がございます。

D51 91-4.jpg
EoOHeipUUAEbMkG.jpeg

​※テンダー後部のヘッドライト加工例
​(D51 840の画像になります)

 好評発売中 

価格 ¥26,400(税込)

テンダーライト点灯加工品
価格 ¥29,700(税込)

​※テンダー後部のヘッドライトを点灯化