KATO京都駅店特製品

キハ58 7301 エーデルタイプ(トレーラー車)

KIha587301.JPG

​キハ58系と組み合わせて

​楽しめる、

カラーバリエーション

 

価格 8,580円(税込)

 sold out 

ご好評につき完売となりました。

JR西日本商品化許諾済

・福知山運転所所属のキハ58-7301を再現。

・白地に赤帯の塗装が施された、「エーデル塗装」を再現。

・​タイフォンはスリット形で再現。

・ジャンパ栓、胴受、前面ホロ付属。

・KATO京都駅店特製単品ケースに収納。

○実車について

 キハ58系は、昭和36年(1961)から昭和44年(1969)の長きにわたって増備された急行形気動車で、

 高度経済成長期の日本の鉄道輸送を支えました。非電化本線の長大な急行列車はもとより、

 分割併合して本線から支線へ分け入るローカル急行、間合いの普通列車まで幅広く活躍

 しました。JR化後も1,000両以上が継承され、機関更新、塗色変更などを行い非電化区間で

 重宝されました。

 キハ58 7301は、ジョイフルトレイン「エーデル北近畿」の増結用としてキハ58 686から

 改造された車両で、塗装変更と車内の座席交換が行われました。

 エーデル北近畿の増結車としての運用の他、当時山陰本線で運行されていた急行「丹後」には、

 指定席専用のキハ58 7200が連結されており、この車両の代替として使用されることもありました。

 急行「丹後」の運用終了後は、普通列車として平成12年(2000)​まで活躍しました。

 

​※製品はKATOのキハ58(T)(品番:6114)を利用して、塗装・印刷を行った特製品です。

※模型は屋根・室内・床下機器などの一部表現が実車と異なります。​​

※キハ58系アーノルド/ナックルカプラーセット(品番28-235)に対応しています。

キハ587301編成例.jpg
IMG_0048.JPEG

※編成例の急行「丹後」はキハ58系(パノラミックウインドウ) 4両セット(品番10-1600)と、キハ28 (品番6115)、当製品を組み合わせることで再現可能です。

(KATO京都駅店では、いずれの商品も在庫しております。2021年2月24日現在)※品切れとなりました際はご容赦ください。

写真はイメージです。