KATO京都駅店特製品

C11 363 姫路第一機関区

C11363a.jpg
C11363b.jpg

​サイドタンク揺れ止め(試作品写真)

サイドタンクの揺れ止めを再現

 価格 ¥22,000

 好評発売中 

・区名札入れには「姫一」を印刷済。

「C11 363」のナンバープレート取付済。

​・サイドタンクの揺れ止めを表現。

・側面ランボードに白ラインを表現。

・前面端梁の標識灯と、後部標識灯を再現。

・後部にはアーノルドカプラー標準装備。

・交換用ナックルカプラー、重連用カプラー、重連用ナックルカプラー付属

​・単品ケース入り。(ペーパーインサートは専用デザイン)

当製品は、KATO製C11をベースに、加工を行った特製品です

○実車について​

C11 363は昭和21年(1946)11月28日に名古屋の日本車輛で製造ナンバーNo. 1454として製造されました。

昭和25年(1950)に福知山機関区に配置されてからは山陰本線や福知山線、播但線で活躍し、

昭和37年(1962)からは吹田第一機関区に移動、長い期間活躍しました。

昭和46年(1971)に姫路第一機関区へと移動。飾磨港線内では「伯備線のD51三重連」で有名な石灰石専用貨物で

ある、専貨2492列車の牽引機としても活躍しました。播但線でさよならSL列車の牽引を行なった後、

昭和50年(1975)に小牛田機関区にて廃車されました。

○布原D51三重連が牽引していた専貨2492列車について

・伯備線足立駅(発駅)~新見駅の上り勾配を石灰石満載の

 専用貨物2492列車を通すため、新見機関区のD51が重連

 あるいは三重連で牽引し、注目を集めました。

・急勾配を越えた先の新見駅からはD51が単機で岡山駅

 まで牽引、岡山駅からはEF65 0番台が山陽本線を姫路

 駅まで牽引しました。

・岡山駅から来た2492列車は、姫路駅から飾磨港線

 (播但線の一部・現在廃線)飾磨(しかま)駅付近にある

 製鉄所まで、姫路第一機関区のC11が牽引していました。

 復路はC11の逆機運転(炭庫側先頭)でした。

​※当特製品は、KATO製 C11(品番:2021)をベースに、加工を施しています。

※模型は一部表現が実車と異なります。​​

​※写真は試作品です。特製品の仕様は予告なく変更する場合がございます。

※ご注文数によっては、分納とさせていただく場合がございます。ご了承ください。

写真は試作品です。

D51_hakubi_l.jpg
伯備線D51単機.JPG
C11363姫路駅.JPG

写真はイメージです。

  • Facebook Social Icon