C11 200 志布志機関区

KATO京都駅店特製品

赤色のナンバーと
​装飾された姿に加え、
増炭した炭庫と
炭庫後部の通風孔を再現

価格 ¥30,000(税込)
​好評発売中!

・区名札入れには「志」を印刷済。

・「C11 200」のナンバープレート(赤色)取付済。

 ※ナンバープレートは金属製パーツ

​・サイドタンクの揺れ止めを表現。

・側面ランボードに白ラインとデフ回りなどの装飾を表現。

・炭庫後部の通風孔と、後部標識灯を再現。

・炭庫の増炭部は金属製パーツで再現。

・先輪はプレート状の輪心は金属製パーツで再現​。

・後部にはアーノルドカプラー標準装備。

・交換用ナックルカプラー付属

​・単品ケース入り。(ペーパーインサートは専用デザイン)

 

○実車について

C11 200は昭和15年(1940年)に川崎車輛兵庫工場での製造No.2381として落成、行橋機関区後藤寺支区に

配属され、九州エリアで活躍しました。
昭和47年(1972年)に志布志機関区へと転属。昭和48年(1973年)には宮崎県での第24回全国植樹祭の際に、

日南線でお召列車を牽引しました。往路は宮崎~串間間をC56 92との重連で牽引、復路では

青島~宮崎間を単機で牽引しました。
昭和49年(1974年)に廃車され、兵庫県たつの市内の公園にて保存展示されています。

※模型は一部表現が実車と異なります。​​

​※写真は試作品です。

※製品の仕様は予告なく変更する場合がございます。

JR西日本商品化許諾済