top of page

C12 42 ゼブラ塗装 中津川機関区

Steam Locomotive C12 42 (Zebra pattern)

C12 42 中津川.jpg

ゼブラ塗装・青ナンバーのC12

KATO京都駅店特製品

 N-Gauge 

価格 ¥19,800(税込)
 再生産 

ゼブラ塗装が施され、中央本線で活躍したC12 42を、中津川機関区で活躍していた頃の姿で特製品化。

当特製品の特長(主な加工点)

・前面煙室扉、端梁、炭庫後部にゼブラ塗装が施された姿を再現。

・「C12 42」のナンバープレートは青色に塗装された姿を再現。

・区名札入れには「中」を印刷済。

・側面ランボードは白ライン入りで再現。

その他特長(元製品の特長や付属部品など)

・ヘッドライト点灯(前後とも前進時に点灯)

・後部にはアーノルドカプラー標準装備。

・交換用ナックルカプラー、重連用カプラー、重連用ナックルカプラー付属。

​・単品ケース入り。(ペーパーインサートは専用デザイン)

当製品は、KATO製C12(品番:2022-1)をベースに、加工を行った特製品です。

※車体​や走行装置などは元製品を流用いたしますため、模型は一部表現が実車と異なります。​​​

※写真は一部試作品が含まれます。

※特製品の仕様は予告なく変更する場合がございます。

※ご注文数によっては、分納とさせていただく場合がございます。ご了承ください。

○実車について​​

C12形は、昭和7年(1932年)から昭和22年(1947年)にかけて381両が製造された、タンク式蒸気機関車です。
C12 42は、昭和8年(1933年)に日本車両名古屋工場での製造No.286として落成。追分機関庫苫小牧分庫に
配置され、北海道で活躍しました。
昭和16年(1941年)には吹田機関区梅田支区に転属、入換専用機として活躍しました。ヤード内での
入換時、作業員の安全の為に、視認性を上げる目的で車体前後にゼブラ塗装と呼ばれる警戒塗装が施されました。
昭和29年(1954年)中津川機関区に転属。一時期は稲沢第一機関区に在籍した時期もありましたが、
中津川駅および周辺駅での貨車の入換、明智線での貨物列車牽引に活躍。昭和47年(1972年)に廃車されました。

C12 42 中津川-Back.jpg
C12 42 中津川-正面.jpg
C12 42 中津川-炭庫側.jpg

通信販売ご希望のお客様は、通信販売のご案内↓へどうぞ

IMG_1640.JPG
C1242Front.jpg
C1242SideL.jpg
bottom of page