KATO京都駅店特製品

​12系 急行「きたぐに」宮原客車区

PC12_Kitaguni2.jpg

客車編成「きたぐに」セットに

連結して、フル編成を

​再現するためのセット

12系 6両セット

価格 22,000円(税込)

12系 室内灯取付済み6両セット

価格 28,600円(税込)

10系+12系 室内灯取付済み

フル編成14両セット

価格 53,900円(税込)

 予約受付終了 

・KATO【客車編成セット 寝台急行「きたぐに」(8両) 品番10-1670】

 セットをフル編成にする為の、12系6両セット(2号車~7号車)。

・サボ類は印刷済み。側面行先表示は「青森」を印刷済み。

・​スハフ12、オハフ13の前面部は、KATOナックルカプラーに交換済み。ホロを取付済み。

○実車について

急行「きたぐに」は昭和36年(1961)に金沢~新潟間の気動車急行として登場、その後大阪~青森間を結ぶ客車急行に

なりました。客車化されてからは旧形客車のみの編成で運転されていましたが、昭和48年(1973)10月に普通車が12系

客車へと置き換わり、定期急行列車で12系が使用された初の事例となりました。一部客車(荷物車やグリーン車など)の

増減はあったものの、14系客車へと置き換わる昭和57年(1982)11月まで活躍しました。
直流および交流50Hz/60Hzの区間をまたぐ列車なので、途中で牽引機が何度も交換されるのもこの列車ならではの

特徴です。様々な機関車に牽引させる、変化のある運転をお楽しみいただけます

 

​※製品はKATOの12系急行形客車 国鉄仕様 6両セット(品番:10-1550)を利用して、印刷を行った特製品です。

※写真はイメージです。製品のサボ類は印刷済みとなります。

写真はイメージです。