D51 882「月と鹿」奈良運転所 赤ナンバー

価格 ¥27,500
​​好評発売中

​デフレクタに描かれた「月と鹿」を再現

KATO京都駅店特製品

D51882RTitle.jpg

※写真は試作品です。

D51882RSide.jpg

・区名札入れには「奈」を印刷済。

「D51 882」の赤色ナンバープレートは金属製パーツで再現。

​・「月」と「鹿」が装飾されたデフレクタを再現。

・煙室扉下のシンダ受けエプロンをエッチングパーツで再現。

・ボイラーに集煙装置と重油タンク(共に金属製パーツ)を取り付け。

・側面ランボードは白ライン入りで再現。

・前面端梁の標識灯を表現。

・後部にはアーノルドカプラー標準装備。

・交換用ナックルカプラー、重連用カプラー、重連用ナックルカプラー付属

​・単品ケース入り。(ペーパーインサートは専用デザイン)

当製品は、KATO製D51標準形をベースに、加工を行った特製品です

○実車について​

D51 882は昭和19年(1944年)に日立製作所 笠戸工場での製造No.1820として落成、秋田機関区に配属されました。

翌年姫路機関区に転属後、昭和23年(1948年)に亀山機関区に転属。関西本線を中心に活躍しました。

鷹取式集煙装置・重油併燃装置の設置が行われ、昭和37年(1962年)に奈良機関区に転属。

昭和47年(1972年)頃にデフレクターに「月と鹿」のマークが取り付けられ、「SL伊賀号」などのイベント列車

牽引に活躍しました。

​昭和48年(1973年)に廃車となり、現在は大阪府茨木市内にて、大切に保存されています。

​※当特製品は、KATO製 D51標準形(品番:2016-9)をベースに、加工を施した製品です。

※模型は一部表現が実車と異なります。​​

​※写真は試作品です。特製品の仕様は予告なく変更する場合がございます。

※ご注文数によっては、分納とさせていただく場合がございます。ご了承ください。